赤黒チェックノスタルジー

室龍太くんがすきなだけ

150910 レコメン!-大体文字起こし1-

聴いてるほうが緊張して心臓ばくばくでした。
そんなレコメン!2015日生組ゲスト回。
嬉しくなってちょっとだけ文字起こししました。
誤字とかあったらごめんなさい。

 

関ジャニ∞ 村上信五丸山隆平レコメン!
ゲスト -関西Jr.室龍太向井康二・西畑大吾-
2015.9.10 O.A.


OP
村上「さぁでは早速ご紹介致しましょうー今夜のゲスト、こちらの皆さんです!自己紹介どうぞ!」
龍太「関西ジャニーズJr.の、室龍太です」
康二「どうもーみんなの万能調味料こと塩麹よりも向井康二ですっ!」
大吾「めちゃめちゃ緊張してます、西畑大吾です」
\よろしくお願いします!/パチパチパチ(拍手)

---

自己紹介

村上「西畑くんはもう俺、ほぼ初めまして」
大吾「そうですね」
村上「がっつり喋った事ないのよね多分ね」
大吾「そうですね、無いです。はい。」
丸山「こないだなんかさ、関西の番組でさ、だいぶ先のやつやけどさVTRで出てくれてたよね」
村上「はいはいはい。ロケにな行ってくれてたよな」
丸山「ちゃんと話すのは」
大吾「初めてです」
丸山「なんか新鮮というか」
村上「龍太とかももうかなり~久々やけどな」
龍太「そうですね久々ですけど」
村上「こうやって生放送でやるのは、初めてか」
龍太「あっでも二回目です」
村上「いつ一回目?」
龍太「ほんっまに何年か前に、一回…出演させてもらって…」
村上「えっレコメンやった?」
龍太「レコメンです…」
村上「せやったっけ」
丸山「大勢でのパターンか」
龍太「大勢です」
丸山「そっかそっか。それはそれで東京でなんか公演してたりとかっていう…?」
龍太「なんかエイトさんのツアーについてた時やったと思うんです、多分」
丸山「あ~~~~」
村上「えっ東京やった?大阪?」
龍太「東京でした」
村上「東京やった?」
龍太「あれ東京かな、大阪かな?」(自信がなくなる龍太)
丸山「大阪じゃない…?」
村上「大阪やんな」
丸山「たぶん…」
村上「ラジオ大阪で借りてる時」
丸山「多分そうや。結構前や」
龍太「結構前です」
丸山「最近ちょっと頻繁に(ジャニーズ)WESTくん…」
村上「ちょっと待って、その前にほんまあのなんかあのさっきの…塩麹かなんかわからん」
4人 「(笑)」
村上「あれ区切りつけとかんと…」
丸山「村上さんあれ引っ掛かりました?(笑)」
龍太「引っ掛かりました?(笑)」
康二「スッと行けませんか?」
村上「ちょっともっかい言うてよ」
康二「えーどうもみんなの万能調味料こと塩麹よりも向井康二です!」
丸山「えっ塩麹よりもってこと?」
康二「そうです、塩麹よりも」
村上「よりも、をもうちょっとはっきり言ったほうがいい」
丸山「そうやんなあ」
康二「もっかい良いですか!?」
村上「塩麹向井康二になってるから」
康二「もっかい良いですか、もっかい…。どうもー!みんなの万能調味料こと塩麹"よりも"向井康二ですっ!」
村上「あっだから『よりも』のあとにちょっと句読点入れた方が良えわ。スーっと流れてもうてるから」
康二「もっかい良いですか?」
村上「うん、もっかい言うとき」
康二「どうもー!みんなの万能調味料こと塩麹よりも!向井康二です!」
村上「あーええやん!」
康二「ええすか!わーやってよかった!」
丸山「ちょっと康二くんいまのめちゃくちゃラッキーやで?」
康二「ありがとうございます」
丸山「なかなか村上くんに引っ掛かること無いからな」
康二「ありがとうございます」
丸山「だいたい僕なんか、百発打っても0.5ぐらい引っ掛かる引っ掛からないやからな!スルーやからだいたい」
村上「せやな、あとマルのギャグを訂正したことは一回も無いからな」
丸山「訂正のしようがない」
村上「手の施しようがない。マルに関しては」
丸山「よかったなあ、調理してもらったなあ」
康二「はい!これからこうやってやらせて頂きます」
村上「そういうのもやってるん」
丸山「いつからそんなん…」
康二「最近…もう一年くらいやり続けてます」
村上「せやなあ昔そんなんちゃうかったよなあ」
康二「そうですね、昔は」
村上「松竹座で一緒にやってた頃はなあ」
康二「はい」
丸山「ムエタイ売りやったんもんな」
康二「ムエタイ売りでしたね。あれはちょっとよくわからなかったんですけど」
村上「いやそんなみんなそんな時代を経て、やからな」
康二「そうですね、あれはあって良かったです」

かなり緊張してるような感じの三人。
龍太なんてもう今にも消えそうな声(笑)

---

日生 少年たちの話

村上「いま~あれなんやろ、三人は日生劇場で」
3人 「はい!そうです!」
村上「なにやってるんですか?舞台?」
龍太「舞台です。『少年たち 世界の夢が…戦争の知らない子供たち』をやってます」
村上「おっ」
丸山「なかなかテーマが…」
村上「ほんまやなあ」
丸山「これはいつからいつまで?」
龍太「9月4日から…9月28日までやってます」
村上「どういう内容かちょっとさわりだけ」
龍太「そうですね…あの~まあ、タイトルについてるように、戦争の知らない子供たちってあるので、戦争とは何かみたいなのを、こう伝えるメッセージが」
村上「問うとるわけや」
龍太「はい」
丸山「知らない世代の人達がその知って学んでいくっていう」
龍太「っていうのもあるし、知ってる人も、あっこうやったなこうやったんやっていうなんか」
村上「答え合わせするじゃないけども。…それで西畑くんはどういう役柄なん?」
大吾「僕はえっと~少年院の話なんですけど、それの看守です」
村上「あ~あのイジワルなところや」
康二「あ、イジワルなんは…」
龍太「イジワルなんは僕です」
村上「あっ龍太、えっじゃあ龍太はずっと一緒?」
龍太「ずっと一緒です」
村上「あの大阪時代からと」
龍太「はい」
丸山「じゃあ(西畑くんは)良い看守的なやつか」
大吾「そうです」
丸山「なああのなんか人情味のある看守や」
大吾「良い看守です」
村上「で、塩麹(康二)は?」
康二「塩康二は~あの~良い看守になるんですけどおちゃらけのちょっとお調子者で看守長にあの~怒られたくないんで頑張って働いてる看守っていう役です」
村上「ああ、ああ、ああ、」
丸山「じゃあ看守…」
康二「看守二人ですね」
龍太「関西は、三人とも看守です」
村上「そうなんや!」
康二「大阪では囚人役やってたんですけど」
村上「じゃあまたイチから覚えなあかんかったから大変やんか」
丸山「あ~そうや…」
村上「で?東京のジュニア…と一緒にやってるの?」
龍太「はい!SixTONESとsnow manと…」
村上「は~~~~そんなん俺らの時なかったもんな!?」
丸山「なかった」
村上「東西で…あんま絡むって…。コンサートぐらいか?」
丸山「コンサートでもさあ」
村上「コンサートの時なんか俺らもう虐げられとったからな!」
丸山「ねえ」
3人 「(笑)」
丸山「お弁当とかもなあ」
村上「弁当でーへんかってんやから俺らの時」
龍太「まじっすか…!」
村上「そうやで!それでこっそり食うて怒られたんやから」
3人 「えーー!!(驚)」
村上「ほんまほんま当時は」
丸山「何故じゃー!言うてなあ」
村上「弁当足んねーぞ!言うて」
龍太「用意してあったやつを食べたんすか!勝手に」
村上「そう!」
龍太「あ~~」
村上「だってお腹すくもん」
龍太「まあそうですよね」
康二「僕等も稽古場東京なんですけど、あの~カップラーメンが置いてあるんですけど場所がわからないんすよ、三人とも」
村上「えっカップラーメン置いてあるの?」
康二「置いてあるんすけど、あの東京のジュニアはボンボン持ってきて食べるんですけど僕等場所がわからない」
丸山「場所が…?」
村上「なんや場所がわからないって」
龍太「保管してある場所が」
村上「教えてもろうたらええやないか!(笑)」
龍太「いや!なんかねえ…教えてって言うのもプライドが…」
村丸「(爆笑)」
龍太「嫌じゃないすか!やっぱり!関西からきて!しかもすぐやったんすよ関西から来て一日目!で、あのカップラーメンどこにあるんや!と」
村上「おお!」
龍太「と思って、タタタって東京ジュニアが出てったんですよ。よし、追い掛けよ、と。」
村上「尾行やな(笑)」
龍太「追いかけて、尾行して、探偵みたいなことしてやっと見つけて、でこっそり俺らなんか暗闇の中電気も点けずにドロボーみたいな感じで」
村上「いやべつに食べてええんやろ?」
龍太「いいやつですいいやつですけど、なんかこう…東京ジュニアの子に、えっそのカップラーメンどこにあるの?って訊くのも恥ずかしい」
村上「なるほどな」
龍太「気持ちがあって」
村上「それはもう三人ともおんなじ気持ちなんや?」
康大「はい」
村上「あ~でも、ええハングリー精神やけどな」
丸山「関西っぽいな!」
村上「わかるわかる、こうなんか東京にきて負けるか!っていうな。東京のカップラーメンなんて!」
丸山「ええ意味での粘りが出てくるよ」
康二「そうですね。楽しかったです」
村上「それは大事大事」
丸山「楽しかったです…?(笑)まあ共有できる仲間がいるからね」
康二「暗闇ん中カップラーメンを三人で探すのが楽しかったです」
村上「でもそのカップラーメン美味かったやろ?」
龍太「美味かったです…!」
康二「あのふたつ取ったんすよ僕と龍太くん。で大吾はお腹いっぱいや言うて、で僕二個作ったんすよ。で食べようと思ったら稽古呼ばれて、大吾くんが…」
村上「結局食べたん?」
康二「そうっす」
大吾「あの~伸びちゃうんでその前にちょっと、嫌な顔しながら康ちゃんの顔見ながら食ってました」
村上「まありゃそうやんな~」
康二「でも残してくれてたんで」
村上「ちょっと頂いた?」
康二「はい」
丸山「助け合ってるな~(笑)」

ヒナちゃんは龍太が松竹で怖い看守長してたのは知ってるんだな~と。
カップラーメン捜索隊の三人かわいい。

---

日生期間中の食事と関西Jr.交通費事情

村上「今はどうしてるの?本番中の食事は」
龍太「本番中は~」
村上「でるんか?」
龍太「はい、お弁当が休憩中に」
村上「おおおお」
丸山「そうかそこまで行ったか」
康二「でも一公演の時は出ないですよね」
龍太「一公演の時は出ないです!」
村上「せやんなあ。だから二公演の時やろ?」
龍太「(一部と二部の)間に、でます!」
村上「でも昼は出るけど夜はどないしてんの?」
康二「夜は~食べに行ってます、三人で」
村上「えっ外食してんの!?」
3人 「はい!」
村上「なんやもう金持ちやん」
3人 「違います違います!!」
龍太「待ってください!」
康二「勘違いしてます!」
龍太「その外食は外食でも、僕たちあの、ラーメンです!」
村上「東京のラーメンなんかどこのラーメン食うても美味いやろもう!」
龍太「いや美味いですけど」
康二「ホテルの近くですよね」
龍太「そうホテルの近くでもう済まさないと、僕たちお金無いんで」
村上「俺金あるで」
康二「…いいんすか?」
丸山「そりゃ言うたら連れてってくれるで~?」
村上「金あるけど時間無いからな!」
4人 「あ~~」
村上「ごめんな!」
丸山「期待させられたな」
康二「すいません」
龍太「丸山くん、お願いします」
丸山「別に良いけど~」
龍太「まじっすか!」
大吾「まじっすか」
丸山「時間あったら良いけど」
龍太「まじっすか」
丸山「でも俺お金無いで」
4人 「(笑)」
龍太「逆か~!」
丸山「俺は時間あるけどお金が無い。いやだからレコメン前とかはあのタイミングあったら連れてってもらう。おいしい蕎麦な」
村上「せやせや。せやで俺もラーメンとか行くよ全然」
龍太「まあ贅沢ですけどラーメン食べれるだけ」
村上「朝ご飯どうしてんの」
康二「朝ホテル…」
龍太「ホテルのバイキング…」
大吾「朝食が付いてます」
村上「あ~!ええとこのホテルやんかあ!」
龍太「そうです。ありがたいことに」
村上「俺らもう…ひたすらコンビニやったもんなあ、帝国劇場でやらせてもろうてた時はなあ」
丸山「せやなあ…(笑)でも帝国の時はまだ恵まれ感はあったね」
村上「初演時はでも結構ひーこらしてたで?いやだからもうみんな結構限界になった時になあほんまにお金もそろそろヤバイぞとほんで合宿所には泊まってたけども、まあ合宿所言うてもほんま晩飯がちょろっとあるぐらいやったし食べ盛りやったからな。そんでどうするー?ってなって稽古中になんとかちょっとスタッフに相談しよーってなって、食事代~~とかってこれぇ…出ないもんですかねぇ~…っていうのを交渉しに行って、4・5回煙たがられて6回目くらいにでも出たよな」
丸山「そうやね、でもただうちには優秀な交渉人村上がいたから」
3人 「あ~~(笑)」
龍太「そうですね(笑)よく聞きます」
丸山「生命掛っとるからなあ!」
村上「そうそうこっちはね。…交通費なんですけどぉ~~言うて(笑)」
4人 「(爆笑)」
康二「交通費出たんすか?」
村上「交通費でたよ!」
龍太「いやでも村上くんが言ってくれたから俺らもJr.も出るようになったんやで」
康二「ありがとうございます!」
大吾「ありがとうございます!」
龍太「出るようになったんですよ」
村上「マジで!?」
丸山「書いて?」
康二「書いてます!」
龍太「書いてます」
康二「紙書いて」
村上「嘘書いたらあかんぞ~!」
龍太「嘘は書いてないです、ほんまに」
康二「たまにいますよね、バス乗ってないのに」
丸山「あかんで!」
龍太「でも聞きましたよ、エイトのみんなは嘘書いてたって」
丸山「それっはぁ~」
村上「ちゃう俺ら嘘書いてない、ちょっと遠回りしてただけや」
龍太「ああ、ある道は使ってたんですね」
村上「そうそうその日な!たまたまな!なんかほらたまたま色々あるやんか…天候の不具合とかでな公共機関止まったりするから、嘘は書いてへん。」
丸山「それ多分そうやって言われてるのはそういうネタ的な感じで言われてるだけやから」
龍太「あ~ネタで」
村上「そやでぇ」
丸山「お金の嘘は絶対したらあかん!」
康二「わかりました!」
龍太「わかりました」
村上「ギスギスするから。そらスタッフとの信頼関係が失われていくからね」
丸山「そんな嘘ついたお金で食べた飯なんか美味しくないからな!」
康二「そうですね」
龍太「はい!わかりました!」

ホテル朝食付きなんですね。リッチか

---

村上「さあ、それでは今日1時までですか」
3人 「はい!」
村上「っちゅうかみんないくつや」
龍太「僕は26歳です」
村上「室26?」
康二「塩康二21歳です」
村上「塩康二21か」
丸山「もう塩康二で行くんか」
大吾「僕は~18です」
村上「あっ18~10代かあ!」
大吾「10代です」
丸山「爽やかやなあ」
大吾「ありがとうございます」
村上「かっこええなあ蝶ネクタイそれ」
大吾「あのちょっとあの、関ジャニ∞さんに会うということで正装で」
丸山「ポップな正装やなあ(笑)」
村上「でもちゃんとセットアップで頑張ってきてるわ、それでなあ上下なあ。それでは!1時までよろしくお願いします!」

関ジャニ∞村上信五と!丸山隆平と!関西ジャニーズJr.室龍太と!向井康二と!西畑大吾の!レコメン!

 

こうして素敵な3時間が始まるわけです。
本当は気になったとこだけ文字起こししようと思って書き始めたんですけど、書いてたらどこを残すべきかわからなくて気付いたらほぼ書いてた…。
とにかく緊張で消えそうな声の三人が可愛いです。でもすごく嬉しそうなのが伝わるんだよ~~。
続きもポチポチ文字起こしてますが長くなるので分けます…。

つづく♡